15周年特設ページ

-はじめに-

NON’SHEEPが結成から15年目を迎えました。
まず15年間の活動で関わってくれた皆さま、本当にありがとうございます。
バンドとしてもメンバー個々でも、様々な変化をしてきました。
僕たちは決して仲良しバンドではないけれど、その絶妙な距離感のおかげでそれぞれの変化に対応してこられたのだし、
”音を鳴らすためにここにいる”という最も大切な意識を常に持てているのだと思う昨今です。
ほどよい思いやりと他人行儀、そして最大のリスペクトで、変化を続けながらここまでやってきました。
けれど、あの頃となんら変わっていないものもあります。
それは”もっと最高の景色を見たい”と思う気持ち。
まあそれなりの現実は見てきたけれど……、それでもなお変わらない僕たちは”ちょっとした変わり者”かもしれません。
この気持ちに素直に、結成15周年の今年、一つ勝負してやろうと決意したわけです。
11.15 渋谷WWW ワンマンライブ。
いい15周年にしたいという語呂合わせでこの日にしました(大真面目です)。
それに加えBa渡辺弘尚の誕生日でもあります。
NON’SHEEPの15周年と渡辺の誕生日を抱き合わせで盛大に祝福させてください。
これまでお世話になった方々からお祝いと叱咤激励のコメントをいただきました。
みんなにもじっくりコメントを読んでもらえたら嬉しいです。
今年はただただ”11.15”を最高の日にしたい一心で生活していく所存であります。
みなさん、どうぞよろしく。

NON’SHEEP 佐藤雄駿

初めて佐藤雄駿くんと共演した時、「微動だにせずに大暴れする人だな」って思って。
次に会った時くらいに彼が執筆した、悪魔の飼育、を読んで、「冷酷に燃焼する人だな」って思って。
そのあとでまた彼に会った時、その笑顔を見て、ああ。と、何かが腑に落ちる感じ。

そんな佐藤雄駿率いるNON’SHEEPの15周年ワンマンライブ。

人は、大きな歓声を浴びると、その本人の感性のキャパシティが増幅するらしい。
微動だにせず暴れ、冷酷に燃え尽きるであろう彼らに大きな歓声を浴びせて、
ずっと先にある完成に向けて歩む彼らへの期待を、
皆で共に膨らませようではないか。

15周年おめでとうございます!
おかげさまでわたしたちも今年20周年なのですが、
なんとなんと、勝負ワンマンの日取りも近いんですね。
わたしたちもNON’SHEEPも、決して派手なタイプではないとおもうけれど、
せっかくだし!おめでたい1年をすごしましょう。

メイク ミラクル!
なんつって。

また対バンしてね。

NON’SHEEP結成15周年おめでとうございます!
今ではサポートしていた頃を思い返せば本当にあっと言う間。
とは言えメンバーの皆様は短くもあり長くもある15年だったと思います。
長くバンドを続けることはもちろん楽しいことも沢山あれば、
やはりとても大変なことも同じくらい沢山あったはず。
しんどかったり、ぶつかり合ったり。。
でもそんな苦難を乗り越えてきたメンバーだからこそ出せる音があるはずで、
実際NON’SHEEPの音楽は確実にカッコ良さが倍増してます!
同じメンバーで続けることの素晴らしさをとても感じております!
バンドとして培ってきた15年を踏まえたワンマンライブは盛大に盛り上がることでしょう!
サイコーのライブを!!
そして今後のさらなる活躍期待してます!!
お互いこれからもがんばっていきましょう!!

結成15周年おめでとうございます。
たまに電話をくれる佐藤君、いつもありがとう。
これからも変わらずにいい歌を聴かせてください。
美しい生活を、抉るようなリアルを。

NON’SHEEP15周年おめでとうございます!
あの頃と変わらず尖った音 KEEPしたNON’SHEEP
いつでも臨戦態勢 起死回生 狙うような 音 形成
人の痛み讃え 抱え 背負へ 明日へ 手を伸ばせ
心救われ 蹴落とされ 呑まれ それでもなぜか惹きこまれ

何度も心を耳を奪われてきました。
憧れの兄さん達です。かましちゃってください。えぐっちゃってください。

昔からの仲間が、こうやってお互い長く活動を続け、15年という節目を迎えた事を嬉しく思います。
NON’SHEEP15周年おめでとう。
これからもお互い高め合っていきましょう。

NON’SHEEPとは10年以上のつき合いになりますが、
雄駿と飲みに行くのに8年かかりました。
だって、後輩だけど、なんか気難しいこわい人だと思ってたんだもん!
それくらい彼らの音楽とステージはいつだってミステリアスで文学的で、
最近なかなかいないタイプのロックスターなんじゃないかなと。
変わらず突き進んで孤高の存在になってほしいと思います。
15周年おめでとう。ワンマン楽しみにしてます!

本気の音楽を続けるのは難しい、と実感する昨今です。
そんな中、4人の違う人間で1つの音楽を支えながら
15年歩き続けることがどれだけ難しいことなのか。
それが続いていることが奇跡みたいに素敵なことに思えます。
15周年おめでとうございます。

意志を持って続けていくことは簡単なことじゃない。
出会った頃からスタイルは変えずに表現力は尚広げ続けているNON’SHEEPは単純に格好良い。
これからも格好良い音楽を鳴らし続けてください。
15周年おめでとうございます!!

NON’SHEEP15周年おめでとうございます!
僕らがNON’SHEEPと初めて対バンしたのは西川口HEARTSだったんですが、
その時の衝撃は今でも忘れません!
様々なアプローチのサウンドの中にVo.Gt佐藤さんの印象的な歌詞、世界観、圧巻でした!
そしてBa弘尚さんのベースプレイが大好きです!
あのフレージング、そして熱量を出すパフォーマンス、最高です!
15周年を迎えるにあたり、様々な苦難もあったと思います。
バンドとは続ける事がとても難しいものです。
いくつもの素晴らしいバンドがいなくなっていくのを見てきました。
そんな中最前線で今の音楽シーンに対して
色々なアプローチで挑戦し続けている先輩の姿、本当にカッコいいです!
これからも進み続けて下さい!そしてまた対バンして、ガッツリ打ち上げもしましょー(笑)!
最後に改めて15周年おめでとうございます!!

NON’SHEEP、15周年、そして11/15の渋谷WWWワンマン決定、おめでとうございます!
ここ数年は特に、お互いの大事なタイミングで同じステージに立っていますね。
放つエネルギーの種類は違うかもしれないけど、勝手に強いシンパシーを感じております。
同年代バンドってのも大きいのかもしれないけど、そこだけじゃないような。
これからもお互い、芯のある音楽を届けていきましょう!!
11/15、楽しみだー!!

15周年おめでとうございます!!
15年ってこうして文字にしてみるだけでも改めてすごいなと思います。
俺自身、バタストとして活動し始めてからの、
15年という歴史の中ではまだまだ最近に思えるNON’SHEEPとのご縁だけど、
本当にメンバー全員のことが人としても大好きだし、プライベートでも交流もあったり、
NON’SHEEPのメンバーとその音楽は今の俺の生活の中にしっかりと『生存』しているよ!!

要所要所でお互いに大事な場面で刺激し合ってきた同志に、
こうしてまたメッセージを送れることを本当に嬉しく思っています!
11/15の成功を祈りつつ、我々もまだまだ負けないようがんばらねばと気合いが入る!
2017年、まだまだお互い躍進していきましょう!

NON’SHEEPとは長い付き合いです。
ハタチそこそこの頃、大宮のライブハウスで出会った。
初見のリハで受けた衝撃は未だに鮮明です。
ほぼ同年代の羊さんたちは暗くてプライドが高いけどそこが当時から好きだった。
その辺の怖いおにーちゃんたちより危うげな空気を漂わせたフツーのにーちゃんたち。
そんな彼らを反映したようなナイーブで張り詰めた音楽。
美意識とか自意識とかを引きずりながら制御できない心と格闘するような歌。
昔からずっとかっこいい。
ずっと美しい。
心を揺さぶってくれる数少ない大切なバンドです。
例えメンバーが一人残らずキン肉マンになってもたぶんずっと好きでいることでしょう。
これからも長すぎる付き合いのほど、どうかよろしく。
NON’SHEEP 15周年おめでとう。

NON’SHEEP 15周年おめでとうございます!
いつも額賀さんにはバンドの事を気にしてもらったりお世話になっています。
ひとつのバンドを15年続ける事、
愛され続ける事は本当に凄い事だと日々同じバンドマンとして尊敬しています。
これからも素晴らしい音楽と共に末永く続くバンドでありますように。
これからもよろしくお願いします!

出会ったのは、約4年前、渋谷O-Crestにて。ありきたりな言葉かもしれませんが、
とても繊細で、それでいて力強くて、初めて見たライブが圧巻すぎて、
言葉にならなかったのを思い出しました。
そして何より、あの歌詞です!!他の何ものにも形容できないオリジナリティ。大好きなバンドです。
15周年も、きっと彼らにとっては通過地点。もっと、どこまでも走り続けて、孤高であり続けてください!

おめでとうございます!

NON’SHEEP結成15周年おめでとうございます!
僕はNON’SHEEPを知って、ヌカガくんと知り合ってから、まだ2年くらいなのですが、
すでに大好きな曲がたくさんある素敵なバンドです。
特に眼差しという曲が好きで、今このコメントを書きながら聴いています。
MVも音楽も常に新しい要素を取り入れつつ、歌詞の世界やメロディは守りながら、
これからも素敵な音楽を作り続けてください!

あと、そのうちMigimimi sleep tightとも対バンしてね(笑)

NON’SHEEP15周年という事で、誠におめでとうございます。
続けるという事が難しく、転身をする事が多くなっている昨今、変わらず製作し続け、
演奏を続ける事、素晴らしく思います。
思い返せば数年前の額賀氏を攻め続けた飲み会以来、氏からは軽蔑の眼差しを向けられ続けていますが、
そんな彼から雪解けのようなコメントの依頼。ここの関係も続いてる事に感謝と、氏の寛大さに敬意を払います。
ワンマンの成功、祈っております!
額賀さん!打ち上げ、超楽しみだね!!!

渡辺弘尚先輩へ。
YetiのBassのビッキーです。
NON’SHEEP15周年おめでとうございます。
渡辺さんとの出会いは大塚Hearts+でのイベントでした。
まさかこんなに赤いベースが似合うベーシストがいるのか!?
こんなにもベースの構え方、弾き方、
ライブパフォーマンスがカッコイイ人がいるのか!?と、とても印象に残っています。
その日の打ち上げで気さくな渡辺さんは僕に話しかけてきてくれました。
よくよく話すと同じ東北出身、同じ宮城県出身、
僕がまだバスケに夢中だった中学時代に試合に行ったライバル中学校の先輩でした。
とても運命を感じたのと、すごくカッコよくて魅力的だと感じたベーシストが
同じ地元というのがとてもとても嬉しかったです。
渋谷WWWは客席に高さがありステージを上から観られているような感覚があります。
しかしきっとNON’SHEEPはそれ以上に上から降ってくるような尖ったサウンド、
激しいライブパフォーマンスが見られると思います。
11/15の渋谷WWWがとても楽しみです。
渡辺弘尚先輩頑張ってください。
最高のベース、最高のパフォーマンスを期待しています。

NON’SHEEP15周年おめでとうございます。
とにかく4人の個性が凄すぎる‼
この個性がちゃんとキャッチーにまとまるバンドのセンスは本当に凄い事だと思います。
ドラムの額賀君とは知人の紹介で出会って今まで仲良くさせてもらってます‼
この男はただのイケメン枠にはおさまらない素晴らしい男です‼
俺の方が年上なのに色々な面でいつも助けてもらってます‼
これからも俺を助けて下さい‼
よろしくお願いします。

この業界において、特に凄い方達が並ばれていますこのコメントに、
僭越ではございますが、ご指名いただきましたので、
お祝いの言葉を述べさせていただきます。
アニバーサリー、またワンマン決定、おめでとうございます。
NON’SHEEPとの思い返せば出会いは8,9年前の下北沢。
僕の前身バンドとの対バンでした。
当時、技術も表現も持たない僕等の前に立ちふさがった圧倒的な存在NON’SHEEP。
数年後、渋谷のライブハウスでVo佐藤君に声をかけるのですが、
一切話が弾む事無く、その後どうやって仲良くなったのか覚えていません。
多分対バンを重ねるうち、会話をせずとも通じ合った部分があるのかもしれませんね。
一方、僕はVo佐藤君を差し置いて、Dr額賀君とカフェでお茶をし、
洋服のブランドで盛り上がり、ブティックに何度も繰り出し、
あれやこれやとお買い物。支払いはカードでプライスレス。
夜は二人でオリオン座を見ながらテラスで語り合っていたっけか。
一方、僕の知らぬ間に佐藤君は、うちのDr西川と何度も密会、蜜月の時を過ごしたそうで、
どうしよもなく嫉妬心にかられた夜は”徒労”を聴き負け犬なりに笑っていたんです。
2バンド間の三角関係ならぬ四角関係、どのような結末を迎えるのかはさておき、
次に対バンしてバチバチやるときは、Gt田子君と、うちのDr西川の肉体美対もふまえつつ、、、
あ、すいません、長いですね。
僕の後にもヤバい方々のコメントが控えていますのでね、この辺りで切り上げないといけません。
でもNON’SHEEPが一番ヤバいですからね。
ええ。ええ。心から、おめでとうございます。ほんとに。15…年?? まじ?? 10年とかじゃなくて??

NON’SHEEPに出会って数年。
いつまでも気さくで頼れるお兄さんでいてくれるNON’SHEEPの新たな門出。
ライブハウスを震わせるNON’SHEEPの最高のライブが今から楽しみで仕方ありません。
まっすぐに感動させてくれるNON’SHEEPを全力で期待しています。
(数年前にツーマンライブを企画した日は大雪になってしまいましたが今回は日付的にも心配ないでしょう!期待MAX!)

NON’SHEEP
自分にとっては、友人であり、尊敬する先輩であり、
いつか越えなければならない目標でもある、素晴らしいバンド。
果実が結成して最初のイベントに出てくれてからと言うもの、何度も顔を合わせる中で、
各楽器同士を超え、ボーカルとドラマーのペアでそれぞれが仲良くなる、異色の経緯がある。
尊敬、嫉妬、応援、賞賛、感謝、悔恨、親愛、理想の投影、憧憬など、
彼らに対して一つの言葉ではとても言い表せない感情がたくさんあって、
それらを持って何度も彼らのライブに足を運んだ。
また、自分達が出会ったバンドの中で、出会ってからお互いの形が変わっていない、
数少ないバンドであるため、特に親近感が強い。
15年目と聞いて驚いたが、まだまだ今後も続いて欲しいし、またぜひ一緒にやりたいと強く思う。

NON’SHEEP 15周年おめでとう。
最近、「世界には変わらないものはない事知ってるし分かってるんだ」という歌詞を書きました。
流れる時間の中で変わらず守り続けてるものがある事は、僕にとって希望そのものです。
これからも僕の希望であり続ける事を願っています。
20周年の時にはバンドがどう変化しているか、田子くんの筋肉がどうなってるか楽しみにしています。
あと、田子くん。
そろそろゆっくり猫の話をしよう。

「長いバンド活動の中で、本気で好きになれるバンドって意外と少なかったりする。
でも自分にとってNON’SHEEPは、本気で愛してるって言い切れるバンドです。
それはなぜなのか考えてみると、やっぱりNON’SHEEPが唯一無二だからなんです。
この4人でしかNON’SHEEPにならないからなんです。
そう思えるバンドと同じ時代に活動ができている事を、心から誇りに思います。
出逢った頃に頂いた「その手は無関心に僕を救う」、一生聴き続けると思います。
ナベさん、愛してます。」

坂手ヤスヒト
15周年おめでとうございます!
NON’SHEEPとはいつの日にか決着をつけなければならないと思っているのでその時までお互い生き残りましょう。

15周年おめでとうございます。
本当にすごい事だと思います。
きっと繋がり続けたその絆や音は続ける事の難しさと、
その大切さを実感させてくれる音と声とライブにきっとなるでしょう。
触れてみたいと思いませんか?
その『特別』な空間に。

NON’SHEEP、特になべさんにはベーシストとしてとてもお世話になっております。
刺激を頂ける良きバンド、おこがましいかもしれないけど良き仲間と思っております。
NON’SHEEPの勢いに負けないように自分たちも頑張ります。
今後とも宜しくお願い致します。

バンドを長く続けるということがどれだけ凄いことか最近身にしみてわかってきた中、
身近に存在するNON’SHEEPが15周年なんて本当にすごいこと。
下北沢GARAGEで出会って、信じられないくらい暗いライブで、そこにBa.のなべさんが加入して。
「NON’SHEEPのライブ笑顔でみてもいいんだ!」
って思ったのを今でも鮮明に覚えてます。
まさかそのなべさんと一緒にSelfishJeanやることになるなんてね。
たくさん想い出があって、たくさんこんなことがあったんだよ!ってこれを読んでくれてるみんなに伝えたいけど、
SelfishJeanとしてBa.渡辺弘尚という男と一緒にバンドをやっている以上ライバルであるという意地があるので割愛。
これからも有無を言わさずカッコいいライブでライブハウス界の帝王に君臨して欲しいと願ってます。
いつかSelfishJean×NON’SHEEPの2マンライブをして
なべさんだけをめちゃくちゃ疲れさせるイジメみたいなイベントを開催することを夢みてるのでこれからもよろしくお願いしますね。
額賀さんがブスになって田子さんがデブになって佐藤くんの言葉が枯れるまでNON’SHEEPの作る音楽のファンでいさせてください。
15周年本当におめでとうございます!

ノンシープ15周年そして
wwwワンマンおめでとうございます!
メンバーとも仲がよくてなべさんにいたってはノンシープ加入前からの付き合い。
みんなでノンシープの繰り出す音、パフォーマンス、体感するしかない!楽しみ!

NON’SHEEP 15周年おめでとうございます!
“祝15周年”というのはとても素晴らしいし、なかなか達成できない大きな節目。
そこでまだまだ挑戦し続けるその姿勢に自分自身、力を頂きます。
本当におめでとうございます。
NON’SHEEPとは、主にMV撮影で関わらせて頂きました。
パーカッション勉強中、の頃からBa.渡辺さんに可愛がってもらっていて、
NON’SHEEPと出会うきっかけを作って下さったのも渡辺さんでした。
なんでも経験したい年頃で、撮影のお手伝いで関わらせて頂きました。
撮影にはとっても濃い思い出があります。
野外ステージ行ったり、
深夜にスタジオへ行ったり、
海に行ったり。
額賀さんのドラムを曲中瞬時に移動させたり、
俺がカメラに映っちゃってNGが出るハプニングが起きたり笑
それは”アニキ達”の愛嬌で笑いに替えてくださったりもしました。
今思うと楽しい貴重な経験だったなと、感謝しています。
11/15はきっとNON’SHEEPにとっても皆にとっても大きな一夜になるはず。
きっと渋谷WWWが大きく揺れるんだろうな。
絶対に見逃せない日。
今からもう既にとても楽しみ。
そんな誇らしい”アニキ達”の背中を目撃しに行こうと思います。

初めてNON’SHEEPを見たのは10年前。
あれからまたパワフルになって、エモくなって、
ドカンと一発ブチかますと聞いて、、
その勢い、熱量、もはや尊敬しかありません。

結成15年経った今も尚、進化し続けている稀有なバンドが、此の世にいったい幾つあるでしょうか?

今、確実にNON”SHEEPは脂が乗り切っている!

渋谷WWWでの結成15周年ワンマンライブ、
さらなる飛躍と成功を祈っております!!

NON’SHEEP。
15年続けることは本当に大変なこと。
いつでも挑戦してるバンドは本当に魅力的。
渋谷WWWワンマン、絶対に見逃せない。
いや、見逃しちゃいけない。

先ず、15周年おめでとう!
我々BrownCrowと同じ年のNON’SHEEPの活躍、挑戦にはいつも刺激をもらいます!

15年の集大成で攻めのワンマン!
NON’SHEEPらしくて本当かっこいいわ!ちくしょ~(笑)

負けたくねぇよ!
負けねぇぞ!って俺達が気合い入ってきたよ!

ワンマンの成功とこれからの活躍、ますます楽しみにしてます!

NON’SHEEP15周年おめでとう。
NON’SHEEPとは結構長い付き合いな気がする。
大阪で対バンしてから東京でもやるようになりイベントに呼んだり呼ばれたり。
NON’SHEEPには何か特別な縁を感じる。
BrownCrowも気づけば今年で15歳。
同い年なんだよね。
同年代の人が頑張っている姿は僕らにとっても本当に良い刺激をもらえる。
僕らも良い刺激を与えられるように音楽で最大限のエールを贈るよ!

NON’SHEEPにとって最高に1日になりますように。
15周年おめでとう!

15周年、おめでとう!!
今回もまたきっと素晴らしいワンマンliveになるでしょう。
ぶちかましちゃって下さいな!!

これからも進化を続けるNON’SHEEP、
そして、田子ちゃんの筋肉(笑)
楽しみにしております!

15周年おめでとうございます!
これからの更なる飛躍と最高なワンマン成功を祈っております!また是非一緒にやりましょう!o(^o^)o

私達の憂鬱の正体を、彼等は知っている。
決して消える事の無い影は、虚ろな姿をしている割にハッキリと耳元で囁く。
「なぁホントは生きてる意味なんてなくて、俺たちは飼育されてるだけなんじゃないか?」
続く日常、失敗、たまに感じる喜びはテレビの受け売り。もういいや。不感症で消費する時間。

だが、そんな憂鬱の殻をぶち破り、真実に手を伸ばしたんだ彼等は。
日々という沼の中を、泥に足を取られながら、一歩ずつ歩んで来たんだ。

彼等の名前は「NON’ SHEEP」
沼の中で見つけた剣の名は「ロックンロール」
真実のロックンロールは、憂鬱の影を突き刺し、世界の真実を暴く。
こんなに素晴らしい事は無い。

15周年おめでとうございます。
またライブハウスで会いましょう。

15年を経てもなお、歪みは増し、
音符をひたすらに細かく刻みつけている!
挑戦を続けるロックバンドの生き様が、
どうしょうもなく美しいことを、
活動をもって証明している。

NON’SHEEP はっぴはっぴー 15 イヤー

結成15年目からの挑戦。
「すげぇー」の一言。
今までの、そしてこれからのNON’SHEEPの物語に乾杯!!
またライブハウスで音交わしましょう!!

NON’SHEEP15周年おめでとう!!
それがどれほどのことか痛いほどよくわかるし、
険しい道の中、真っすぐ戦う姿に、俺達自身も勇気もらってます!!
信念を貫くNON’SHEEPは間違いなくかっこいい!!
WWWワンマン、NON’SHEEP史上最強の景色になると信じているし、
それすらも通過点だったと言えるくらいの未来をきっと見せてくれ!!
NON’SHEEPはかっこいい!!

まずNON’SHEEPが15周年と、長く伝えていく想いを絶やさず続けているということに感服致します!!
しばらく一緒にはやれていないですが楽曲はパワーアップしていて、
ライブもより想いのこもったライブをしているかと思います!
このワンマンはきっと間違いなくNON’SHEEP史上1番のライブとなり、
今後の勢いが加速していくのだと思っております!
WWWをNON’SHEEPの魅力で包んじゃってください!!

NON’SHEEP結成15周年おめでとうございます!
15年経って未だなお進化し続ける楽曲と、挑戦し続ける姿が最高にカッコいいバンドだと思っています!
これからも続く活動の中でこのワンマンライブが飛躍を遂げるようなライブになりますように。
これからもずっと応援しています。
そしてまた必ず共演しましょう!

NON’SHEEP。
このバンドに出会ったのは今から6年前くらいに対バンがきっかけでした。
初めてライブを見た時感じた事は、今でも覚えてます。

当時は今よりもオルタナエモ感が強いというかダウナーな感というか、
ギターロックの中に異質な世界観を感じさせる歌詞と歌で、
堪らなくクセになるギターリフとが入り交じった楽曲とライブに、まぁ一瞬にして引き込まれました。

最初の対バンの時は挨拶くらいしか出来ず、2回目大阪で対バンした際に、仲良くなれたんですよね。
(ギター田子さんとドラム額賀さんと、母校が一緒でまさかの先輩後輩だった話で打ち解けたのを覚えてます笑)

それからちょくちょく対バンなどを経て数年して。
今では額賀さんとはバンドを共にやり、NON’SHEEPではレコーディングを任せてもらっています。

ヴォーカルの雄駿さんとベースの渡辺(ナベ)さんとは、
なんだかんだでちゃんと話したのはエンジニアとして関わってからかもしれない。笑
雄駿さんはほんとに普段も読めない方だったから最初どう接したらいいかが1番難しかったな。笑

俺がエンジニアとして関わり出した時期から、ちょうど楽曲のイメージが変化してきた印象があります。
異質な空気を放っていた世界観が一気に晴れた感じ。でもどこか曇りも見える。
うん、雄駿さんが描く歌詞がちゃんとNON’SHEEPなんですよね。

バンド結成15周年、おめでとうございます。

NON’SHEEPはずっと進化し続けてるし、
新譜を出す度にこの先今度はどんな世界をまた見せてくれるのかって
すごく期待させ続けてくれるバンドだと思ってます。
まぁ一言で言い表すのは難しいですがめちゃくちゃカッコいいバンドって事です。笑

2017年11月15日、渋谷WWWワンマン。
楽しみにしています。

一方的に彼らの事を知ったのは、2005年頃でしょうか。
知人にCDを買ってきてほしいとお願いをし、手に入れたのが「Rhythm」という作品。
純粋な彼らの音楽の「ファン」という目線から繋がり、
今ではもうそれはそれは雑な扱いを受けるほどに。
自慢ではないですが、たくさんの「NON’SHEEP」の顔を僕は知っています。
どれだけどうしようもない気持ちになった時でも、
その気持ちを救ってくれる音楽をいつだって作ってきてくれました。

NON’SHEEPとの出会いは、一人の人間として、とても大きなものになっています。
変わらず、この先も僕を含め、求めてくれる人を救えるバンドであり続けてください。

結成、15周年おめでとうございます。
ワンマンでは「落下」が聴けたら嬉しいな。

結成15周年は感慨深いながらも、おめでとう!とはまだ言えない感情もあります。
個人的にNON’SHEEPとは2006年に知り合い、かつて雑誌の仕事で何度も取材をし、
イベントにも要所毎に出演してもらったりの仲で、その成長を見てきたつもりです。
思い返すと、2009年の「遺書」が大きかった。故黒沢健一氏(L⇔R)プロデュースによって生まれた名曲です。
「遺書」も収録された2011年のアルバム『その手は無関心に僕を救う』リリース時の取材で、
佐藤くんが話していたことが、今も忘れられない。
“寄りそう”“無関心な優しさ”……NON’SHEEPを聴く時いつも思うのは、突き放すでも、
押し付けるでもなく、ただ寄りそうように鳴ってるってこと。
歌の世界観は暗く絶望的に感じられるけど、ネガティヴに浸ることなく、寄りそうように時に聴く者を救う。

Ba.渡辺くん加入後は年間100本近くもライブを演るようになり、
それまで決して手放しで盛り上がるライブではなかったNON’SHEEPが、
フロアの空気を掴み、扇動し、汗をかくというライブバンドに変貌し驚かされたものです。
その後、小説含めた佐藤くんのソロ作を経て、2015年にリリースの『Golden Hoofs』は文学系ロック且つライブバンドとしての到達点でした。
「徒労」「今すぐ自ら手を下せ」等、ライブで反射的にアガる曲が最高です!
昨年は、そこからポップに突き抜けた『生存』を作り上げ、またもイメージからはみ出そうとしている。

NON’SHEEPの15年はジャンル分けや押しつけられるイメージに違和感を覚え、
そこからはみ出し続ける15年だったのかなと。それはとても意義あることなので、
今後もその姿勢を貫き追求してほしい。その先で、よくがんばった!おめでとう!と言わせてほしいです。

出会ったのは何年も前。僕はいくつもバンドが変わるなか、
その今までの全部と共演したことあるのはこのバンドだけです。
出会った頃から変わらずこの4人で圧倒してくれている先輩方が1つ大きな挑戦するんだって。
いつだって憧れる人達の挑戦なんだからうまくいくってのはわかってる。
僕も全力で力になりたいと思います。
満員で、やばいライブやって後輩びびらせてくださいね、NON’SHEEP先輩。

私は特定のミュージシャンについては興味がない。
バンドであるということ、そのバンドのメンバーであるという必然性が生み出す音のみが私の胸を打ち、
踊らせ、あるいは感情を揺さぶり、涙腺を緩ませ、自分のちっぽけな人生を肯定してくれるのである。
(敬称略)佐藤、田子、渡辺、額賀にはそれが、ある。

ノンシープはその必然性のある数少ないグループなのである。
ステージからほとばしる熱量はまさにその各々がノンシープである必然性を体現している。
彼らの鳴らす1音1音がバンドという形態を通し、4人の個性を音楽で具現化しているのである。

渡辺はよくステージからフロアの後方にまで気を配る仕草をする。私には「届いているか??」と
言っているような気がする。

届いている。
貴殿らの姿と音はいつでもまんべんなく眩しく輝きを放って届いている。
よく作品は永遠に残るという。相違ない。
だがしかし、今まさにその瞬間でしか感じることの出来ない体験もある。
ノンシープのステージはその「体験」が味わえる。

会場に足を運んでみて欲しい。
間違いなく、あなたの人生に何かを残してくれるから。

15年なんて時間を費やして続けてきたものは自分には無いなー。
15周年おめでとうございます!
これからも大好きなNON’SHEEPを見せてください!

NON’SHEEPのステージには「狂気」を感じる。
それは腹に溜めたゆっくりと広がる「狂気」ではなくて、
喉が裂けて血が飛び散るような「狂気」。
結成15周年おめでとうございます。

渋谷WWWワンマン、どんな景色を観せてくれるのだろう。
NON’SHEEPからはどんな景色に観えるのだろう。

NON’SHEEP結成15周年おめでとうございます。
意外と昔から交流のあるIvy to Fraudulent GameとNON’SHEEP。
お互いこうして何事もなくバンドを続けられてきたこと、とても嬉しく思います。
対バン当時から変わらない芯のある素晴らしい音楽性、僕らは後輩にあたりますが、
同じ仲間としてとても誇らしく思っています。今後ともよろしくお願いします!!

結成15周年おめでとうございます!
バンドを15年続けるということがどけだけ凄いことか、計り知れません。
自分たちも負けじと挑戦し続けようと思います!
NON’SHEEPのさらなる飛躍を期待しています!これからもよろしくお願いします。

それぞれ違う個性、違うパートの人達が出逢って、バンドを組む、音楽をやるって、それだけで奇跡だと思っています。
NON’SHEEPは、それを15年。ファンの方々と素敵な詞と曲で歩み続けて来た。
すげえ。リスペクトしています。これからも歩み続けて下さい!
PS.田子さん、カラダ切れてるよー!

NON’SHEEP、結成15周年、本当におめでとうございます!
我々THREEOUTもまだまだ4年生だというのに…。
15年なんて全く想像のできない間、一つのことを継続して取り組むということ。
ある意味、「永くそこに在り続ける」ということが音楽の本質なのかもしれませんね。
そして11月15日、WWWでのワンマン公演。かつてない挑戦。
15年の節目、何か一つの答えが出る日に成ると思います。
NON’SHEEPにとっても、またこれまでNON’SHEEPに少しでも関わった人々にとっても、最良の一日になることを祈ります。

NON’SHEEP結成15周年おめでとうございます。
15年、大昔にしてみれば元服の年。すごく大切な節目。
そしてその節目の前にも後にも歌詞とは反対に
大きな希望と高揚を僕たち観る側に与えてくれてる、はず!笑
少なくとも僕はそうやって兄貴達をみてます。
これからも!

NON’SHEEP、結成15周年おめでとうございます!
ベースの渡辺君と飲み友達から始まり、ライブを一緒にするようになり、今ではいいライバルです!
15周年、文字にするのは簡単だけど4人の結束力があったからこそだと思います。
変わらずステージに立ち続けるNON’SHEEP、今年もきっと最後まで突き抜けてくれる事でしょう!

おめでとう!!

NON’SHEEPの皆様!
結成15周年!おめでとうございます!!
月並みな言葉にはなりますが、15年バンドを続けるというのは本当に凄い事だと思います!!
先輩バンドに負けないように、自分達もしっかりバンド活動をしていきたいと思います!!

個人的にベースの鍋さんには昔からお世話になっております!
最近はなかなか対バンする機会がなかったりでご無沙汰になってしまってますが、、
また是非対バンを!!そして個人的に呑みにも行きたいです!!笑

15周年、本当におめでとうございます!!

2002年っていうと、今は廃れたMD使ってたなぁ。既にサポートが終了しているWindowsXPも割と新しかったはず。
2017年に残っていないものなんて沢山あるんだなと。実感。

15年間、ずっと続けているっていうのは本当にすごいよね。
これまでに、山あり谷あり、酸いも甘いも知ったNON’SHEEPにしかできない音楽を、これからも楽しみにしています!

改めて、結成15周年おめでとうございます!

NON’SHEEPのライブを初めて見たのは僕がまだ大学生の頃。
下北沢GARAGEに雨の中一人でライブを見に行って、衝撃を受けたことを覚えている。
それからメンバーチェンジや音楽性の変化があったのも見ていて、
それを乗り越え、生きてきた約半分の時間をバンドに費やしてきたのは本当に尊敬します。

15周年おめでとうございます!
また一緒にやりましょう!

NON’SHEEP様、15周年おめでとうございます。
昨年は”生存”レコ発イベントのオープニングアクトに起用していただいてありがとうございました。
何度か同じ舞台に立たせていただいておりますが、やはり初めて観た時の衝撃は忘れられません。
その演奏後、全財産の五千円を物販席に持って行き”これで買えるだけ売ってください”と
挨拶もせずにCDだけ買い占めたのは青い思い出です。
佐藤さんの言葉は月みたいだなと思います。深い意味はありません。
あと、まだ悪魔の飼育は読んでません。すみません。そろそろ読みます。
読んだらサインください。おやすみなさい。

NON’SHEEPは俺がSecret add9に入ってから初めて仲良くさせてもらった県外の先輩バンド!
最近は一緒にやることが少なかったけど、過去に自分らの企画にも出てもらったりと、だいぶお世話になっております!
NON’SHEEP先輩、渋谷WWWワンマン頑張れーーー!

NON’SHEEP15周年おめでとうございます。
過去に僅かな期間ではありましたがベース渡辺さんの弟子として、
NON’SHEEPのスタッフとして自身も参加させて頂いておりました。
全てを知っているわけでは全くありませんがこうもブレてないなと感じるバンドは僕は他にあまり知りません。
今のNON’SHEEPが僕は大好きです。
20周年へ向けた更なる飛躍の年としてNON’SHEEPにとって最高な一年になる事を心よりお祈り致します。