結成15周年ワンマン渋谷WWW公演終了!!

11/15に行われたNON’SHEEP結成15周年ワンマン渋谷WWWが大盛況のうちに終了しました。
おかげさまでNON’SHEEP史上、圧倒的最多の動員数となりました。
ご来場いただきありがとうございました!
本公演はクラウドファンディングの成立によりDVD化も決定しています。
メンバーはすでにDVDと同時発売予定のフルアルバムを製作中です。
16年目に突入していく今後のNON’SHEEPにもご期待下さい。

ワンマンのライブ写真は後日多数アップするのでお楽しみに!



佐藤雄駿(NON’SHEEP)×中村文則(作家) スペシャル対談!

NON’SHEEP結成15周年特別企画として佐藤雄駿と中村文則氏の対談が特設サイトにて掲載されました。
以前から親交のあった二人。
純文学界のヒットメーカーとして知られる稀代の作家を尊敬する佐藤と叱咤激励を送る中村氏の関係性が浮き彫りになる、優しさと熱さが沁みる対談となりました。
是非、ご覧下さい!

スペシャル対談 ↓
http://nonsheep.com/dialogue/

佐藤雄駿×中村文則 対談

15周年記念シングル「残党」ミュージックビデオ公開!!

「残党」のミュージックビデオが公開されました!
4人の演奏シーンのみワンカット長回しで撮影された映像は、無駄を削ぎ落としたまさに15周年を記念するに相応しい作品になりました。
こちらは11/15(水)渋谷WWWワンマンライブ会場にて一日限定販売singleとなります。
是非、11/15のライブ会場にてご購入下さい!

■ 11/15(水) 東京・渋谷 WWW
[NON’SHEEP 結成15周年記念ワンマン『残党』]

OPEN18:30 / START19:00
前売¥3200  (1D別)
出演 : NON’SHEEP
チケット一般発売中:e+、ローソン Lコード:72381、チケットぴあ
ライブ会場物販でもチケット販売中!

結成15周年single「残党」
¥500(税込)
直筆サイン入り歌詞ポストカード付き

15周年記念シングル「残党」発売決定!!

11/15(水)渋谷WWWで開催される15周年ワンマンライブ会場物販にて記念シングル「残党」の発売が決定しました。
こちらは1日限定で販売されるとても貴重なCDとなっております。
歌詞が記載されているポストカード付きです!
是非ご来場頂いてゲットして下さい!

渋谷WWW公演DVD化計画クラウドファンディング開始!

結成15周年を記念して行われる渋谷WWW公演をDVD化すべく、クラウドファンディングを開始しました。
もし、今回のプロジェクトが成立した場合、来春に約7年ぶりとなるフルアルバムと同時にリリースをいたします。
申し込みは簡単で、投資金額以上に価値のあるリターンしか用意しておりません!
みなさん是非投資をよろしくお願いしたします!

クラウドファンディングページはこちら↓
https://camp-fire.jp/projects/view/32643

NON’SHEEP × butterfly inthe stomach コラボグッズ発売 & 実券購入者特典配布!!

8/18(金)に開催されるbutterfly inthe stomachとのツーマンイベントを記念して当日限定コラボグッズ”バタノンフェイスタオル”の発売が決定しました!
またコラボグッズを購入された方には両バンドのボーカル佐藤、小野が互いの曲をカバーしあった超貴重な弾き語り音源をプレゼント!
コラボグッズは数量に限りがございますので、ご希望の方はお早めにお買い求めください。
※当日は開場後からコラボグッズ専用の物販がございます

そしてさらに、e+(スマチケも含む)やローソンチケット、ライブハウス店頭で実券を購入された方には当日、パス仕様のステッカーをプレゼント!(※当日、入場時に受付にて配布)
※当日券は対象外です。

楽しみいっぱいのイベントとなっておりますので、是非是非ご来場ください!

■ 8/18(金) 東京・大塚Hearts+
[NON’SHEEP 結成15周年ワンマン前哨戦vol.2 盟友2マン編]

OPEN 18:00/START 18:30
前売¥2800 当日¥3200 (1D別)
出演 : NON’SHEEP / butterfly inthe stomach / O.A : S.F-cage
[チケット予約はこちら]
一般発売:e+、ローソン Lコード:73315


7/24(月)高田馬場CLUB PHASE出演キャンセルのお知らせ

佐藤雄駿(Vo/Gt)が急性声帯炎発症のため、7/24(月)高田馬場CLUB PHASE公演を出演キャンセルとさせて頂きます。
ご来場される予定だった皆さま、ご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳ございません。
佐藤は先週の土曜日、突然声が出なくなり、病院で診察を受けたところ急性声帯炎と診断され、その後、一切発声をせずにステロイド投薬も用いて毎日治療に専念をしてきましたが、医師も見込んでいたような回復が見られなかったため、出演キャンセルという判断に踏み切らせて頂きました。
重ねてになりますが、ご来場される予定だった皆さま、及び、共演予定のバンド様、ライブハウスのスタッフの皆様、本当に大変申し訳ございません。
尚、チケットの払い戻しなどに関しては直接、高田馬場CLUBPHASEまでお問い合わせください。また、バンド予約の方に関しては手続き等は必要ございません。
ご了承くださいませ。
以下、佐藤からのコメントです。

「7/24のライブにご来場される予定だったみなさん本当に申し訳ございません。
診断を受けた時点では発声が全く出来ず、歌うどころか通常の会話すら出来ないという状態でした。医師との相談の上、一週間あればなんとかなるかもしれないという判断で、なんとか間に合わせようと全力で治療に専念をしてきました。ですが、治療を進めていく段階で、炎症だけではなく治癒過程で声帯に瘡蓋(かさぶた)が出来てしまっており、この瘡蓋のせいで声帯がうまく閉まらず発声が出来ない状態であることが判明しました。
それでもなんとかしたいという一心で、せめて炎症だけでも取り除こうとステロイドでの治療も行ってもらいました。それを現在も続けています。
”ギリギリでも30分歌える可能性があるならステージに立つべき”、その反面、”お客さんに見に来てよかったと思ってもらえるような歌が歌えるのか”、その狭間で判断に悩みました。
ですが、ライブ二日前の現時点でまだ掠れ声しか発することが出来ないという状況に、僕はステージに立ってはいけない、と判断をさせて頂きました。
本当に悔しくて、情けない、申し訳ない、という気持ちでいっぱいです。今は全快に至るまで治療に専念し、7/24にご来場される予定だったみなさんの前で、次に歌わせてもらえる機会が頂けるのであれば、その時には必ず最高のパフォーマンスが出来るよう精進することしかないと思っています。
ライブのために予定を空けて下さっていた方々には申し訳のない気持ちでいっぱいです。本当に本当に申し訳ございません。
次は万全の状態でみなさんに歌を聴いてもらえるよう、今はひたすら治療に専念をさせて頂きつつ、ご来場予定だったみなさんの空白になってしまった時間が、良い時間になるよう祈っております。

佐藤雄駿(Vo/Gt)」