BIOGRAPHY

nonsheep-1

【 NON’SHEEP 】(L to R)

渡辺弘尚(ワタナベヒロナオ)Bass

田子剛(タゴツヨシ)Guitar
twitter02_dark30

佐藤雄駿(サトウユウタ)Vocal & Guitar

額賀康孝(ヌカガヤスタカ)Drums


【2002年】
メンバー募集で知り合った佐藤と田子が額賀等を呼び掛け前身となるバンドを結成。

【2003年】
バンド名をNON’SHEEPとする。これより全員の出身地である埼玉県内を中心に活動を開始。

【2007年】
1st ALBUM「Annunciation」をリリース。ベーシスト脱退。(以後、2010年末まで3人+サポートベーシストという体制で活動)

【2008年】
2nd ALBUM「sad morrow」をリリース。

【2009年】
プロデューサーに黒沢健一氏(L⇔R)を迎えた「遺書」を配信。ライナーノーツを芥川賞・大江健三郎賞など数々の賞を獲得する作家・中村文則氏が寄稿し話題となる。

【2010年】
プロデューサー&エンジニアに永井はじめ氏を迎えたレコーディングと並行し、正式メンバー見つけるべく数々のベーシストとのセッションを重ねる。

【2011年】
新メンバーとして渡辺が加入。以後、年間100本ペースというライブバンドへと変貌。会場限定シングル「落下/サメナイユメ」をリリース。
3rd ALBUM「その手は無関心に僕を救う」をリリース。先述の作家・中村文則氏、お笑い芸人・ピース又吉氏、映画監督の緒方貴臣氏など蒼々たる文化人・著名人からコメントを寄せられる。

【2012年】
Voの佐藤雄駿が初小説「悪魔の飼育」を徳間書店より出版。同時に初のソロ音源「悪魔の飼育」を発表(このCDは非売品、書籍の特典)。
又、文芸誌「読楽」でベストセラー「絶望の国の幸福な若者たち」や数々のテレビ出演で注目されている若手論客の社会学者・古市憲寿氏と対談し話題を呼ぶ。
NON’SHEEP「悪魔の飼育」をリリース。タイトルが示すとおり、小説、佐藤ソロ作品と連動する内容。

【2013年】
楽曲制作、ライブ、NON’SHEEP主催のイベントを勢力的に行う。

【2014年】
初頭から制作期間に入り、バンド初となるアコースティックワンマンを行う。同日、会場限定のCD無料配布企画&隔月での新曲PV公開が発表される。後に、第2弾「対岸へ渡る」、第3弾「劣勢」を公開。

【2015年】
1st mini ALBUM「Golden Hoofs」を会場&オンラインショップ限定販売でリリース。ALBUM収録曲全曲ミュージックビデオ化プロジェクトを敢行。

【2016年】
2nd mini ALBUM「生存」を会場&オンラインショップ限定販売でリリース。同時に、ツアーファイナルイベントで来場者全員に最新ALUBM「生存」を無料配布する計画を敢行。